スキンケア

馬プラセンタと豚プラセンタの違いとは?

馬プラセンタと豚プラセンタの安全性について

飼育方法の違い

馬の飼育方法は、厩舎で一頭ずつ飼育し、豚の飼育方法は、複数一緒に飼育しています。

感染症に強いのは厩舎

豚舎の飼育方法は数匹~10匹単位で飼育位しているので、1頭でも感染症を持つような事が起きると、豚舎全体に広まってしまうリスクがあります。

その点、厩舎の飼育方法では一頭一頭ずつ飼育しているので、その可能性が低くなります。

更に、一流のサラブレットのような馬を飼育している有名な厩舎では、健康状態を保つために徹底した管理体制をとっています。

豚舎と厩舎の飼育方法の違いから、厩舎の方が安全性が高いと言えます。

感染症にはワクチンが必要になる

こういった感染症のリスクから豚舎や厩舎を守るには、抗生物質やワクチンが必要になります。

つまり感染リスクの高い豚舎では、特に抗生物質やワクチンが必要不可欠です。

豚舎を守るには薬やワクチンは必須

豚舎の安全性を高めるために、豚の身体に薬やワクチンを使う事で、豚の身体は薬やワクチンに汚染されてしまうのです。

安全性の高い豚はいないの?

安全性の高い豚日本SPF豚協会から認定された農場で飼育している豚をSPF豚と呼びます。

感染症や病原菌をもたない健康な豚とされているので非常に安全性が高いとされています。

ですが、無菌豚ではなく、SPFとは「特定の病原体をもっていない」という意味ですので、誤解されないようにして下さいと公式サイトに記載されています。

参照:日本SPF豚協会

馬・豚プラセンタの安全性

  • 馬は一頭一頭飼育している為感染症にかかりにくい。
  • 豚は感染症にかからない為に、ワクチン等で汚染されてしまっているといえる。
  • 日本SPF豚協会の豚は安全性が高いが無菌豚ではない。

このように、馬プラセンタは飼育方法の違いから高い安全性を確保していると言えます。

豚プラセンタは、「日本SPF豚協会認定農場」の豚は安全性が高い豚プラセンタと言えます。

何故価格が違うのか?

馬プラセンタと豚プラセンタの違いで最も顕著に表れるのは、価格です。

馬は1年に1回の出産しか出来ません。

つまり、入手できるプラセンタの数が圧倒的に少量という事になります。

数に限りがあるため必然的にプラセンタの価格が高くなってしまいます。

豚は、1年に2~3回ほど出産し多くのプラセンタが入手出来る為、市場に出回る数が多くなり結果として1つ1つの単価が安くなります。

ドラッグストアなどで見かけるプラセンタ配合のサプリやドリンクなどの商品の多くは豚プラセンタを使用しているので、安価に手に入るというわけです。

まとめ

価格の面だけでいうと「豚プラセンタ」が一番安価に入手できます。

ですが、安全性や効果の感じ方の観点からみると「馬プラセンタ」の方が、安心して長く使い続けられるのではないでしょうか。

「プラセンタドリンク」や「サプリ」など体内に摂取するものなので、安全性を重視して選ぶ必要があります。

公式サイト等で成分や工法をしっかりと確認して、納得できるものを使うようにして下さい。

-スキンケア

© 2021 Enjoy Life - Woman